各種検定

 

 

 米沢商工会議所 平成29年度検定試験日程等は こちら

商工会議所の検定試験

就職力∞即戦力

kentei01

資格取得は、自らのもつ能力を最もわかりやすくアピールできるものであり、就職・転職活動においては他と差をつける確かな「証し」となるものです。
年間80万人が受験する商工会議所の検定試験は、全国125万会員企業の人材ニーズに基づき、ビジネス現場で求められる実践的な能力を評価・認定することを目的に実施しています。
このため、資格取得を通じて習得した知識やスキルが「就職力」として、社会人として活躍するための実務能力に直結しており、多くの企業で採用基準や社員教育に活用され高い評価を得ております。
昨今の厳しい雇用情勢において企業が求めるのは「即戦力」です。商工会議所の検定試験により「就職力」をアップさせ、「即戦力」となる「証し」を手に入れましょう!

簿   記

企業の経営活動を記録・計算・整理して、企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能です。企業の活動を適切、かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるために必須の知識です。

販 売 士

販売・接客技術はもちろん、販売促進に向けた企画立案や在庫管理、マーケティングにいたるまで、幅広く実践的な専門知識が身につきます。流通・小売業をはじめ業種・業態を問わず、顧客満足度を高めるノウハウを修得できます。

そろばん(珠算)

そろばんを学習することは、子供の能力開発に役立つといわれ、計算力・暗算力はもとより記憶力や集中力、思考力なども養われるとして、その効用が見直され、習熟してくると脳を高速に働かせるので、学力全体を伸ばすこともできます。
※米沢珠算連盟珠算塾一覧はこちらをご覧ください—>米沢珠算連盟 塾一覧

日商PC(文書作成・データ活用・プレゼン資料作成)

昨今の企業実務では、パソコンソフトの操作ができるだけでなく、「どのように活用すれば、効率的・効果的に業務遂行できるか」が重要になってきています。日商PC検定試験は、主としてMicrosoft Wordを活用し、正しいビジネス文書の作成や取り扱いができるかどうかを問う 文書作成 と、主としてMicrosoft Excelを活用し、表やグラフの作成・業務データの処理を行い、的確なデータ分析や効果的な資料の作成などができるかどうかを問う データ活用、 主としてMicrsoft Powerpointを活用し、目的に応じた適切で分かりやすいプレゼン資料作成の三分野をそれぞれ独立した試験として施行します。

福祉住環境コーディネーター

高齢者や障がい者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスします。

 

詳細はこちらから 日商検定

各種検定試験をご利用の会員事業所様等のお声は 

      簿記(平成28年度)    簿記(平成29年度)

     福祉住環境コーディネーター(平成28年度)  福祉住環境コーディネーター(平成29年度)

    リテールマーケティング

 珠算 

     日商PC  をご覧ください

 

 

 

ご案内のダウンロードはこちらから H29検定日程表A  ※平成29年度検定試験チラシ

日程表のダウンロードはこちらから H29検定日程表B ※平成29年度検定試験日程表