基本方針

基本理念と第29期基本方針

基本理念

地域内における商工業の共同社会を基盤とし、商工業の総合的な改善発達を図り、兼ねて社会一般の福祉の増進に資する。

―米沢商工会議所定款第1条「目的」―

 

 

第28期(平成28年11月~平成31年10月)基本方針

会員と伴に未来への活力を!

 

最重点項目

1.会員事業所への総合的な経営支援

「伴走型」経営発達支援事業の推進、専門指導員や関係諸機関との連携、創業支援施策の活用、人材育成事業の推進など、会員事業所の経営力向上にワンストップで取り組みます。
 
経営革新、需要開拓、経営承継、創業支援、人材育成、地域資源開発、販路開拓、農商工連携、消費税転嫁対策など

 

 

 

2.事業経営環境の視点からの地域振興

中心市街地活性化事業の促進、東北中央自動車道の建設促進と開通後の利活用促進、「(仮称)道の駅よねざわ」開設計画への参画、地域の大学との連携など、刻々と変わる地域の環境に合わせた地域振興策に、会員の事業経営環境改善の視点で取り組みます。
 
中心市街地活性化、学園都市推進(周辺環境整備推進含む)、山形大学・米沢栄養大学・米沢女子短期大学等との事業連携、東北中央自動車道建設促進と開通後の利活用促進、「(仮称)道の駅よねざわ」開設計画への参画、観光振興、新産業創出(有機EL照明、海外展開事業等)など

 

 

3.会員の声を集約した意見・要望活動

活発な部会活動を中心に会員事業所の声を集約し、経営に直接関連する施策提言ならびに要望活動を展開してまいります。
 
税制改正、中小企業振興、景気浮揚、官公需の地元発注、工業技術センター置賜試験場新設移転、雇用対策など