会議所活動


米沢商工会議所の活動をご紹介します!

 Ⅰ. 基本理念と第28期基本方針

<基本理念>

地域内における商工業の共同社会を基盤とし、商工業の総合的な改善発達を図り、 兼ねて社会一般の福祉の増進に資する。

<第28期 基本方針>

「華」から「実」へ

 

 第27期は、「多方面との交流と一歩踏み出す勇気」を基本方針に活発に事業を展開してまいりました。その結果、数多くのニーズが明確となり、そこから新たな連携とシーズが芽生えています。

 交流という「華」から、成果という「実」へ。第28期は、これまでの実績を土台として事業を展開し、会員の皆様のための成果を上げてまいります。

 

 Ⅰ. 最重点項目

1.会員事業所への総合的な経営支援

 専門指導員や関係諸機関との連携、創業支援施策の活用、中小企業経営力強化支援法にもとづく支援など、会員事業所の経営力向上にワンストップ&ハンズオン(手をとって)で取り組みます。

 経営革新、創業支援、人材育成、事業承継、地域資源開発、販路開拓、

 農商工連、消費税転嫁対策、など

 

 

2.事業経営環境の視点からの地域振興

平成29年度開通の東北中央自動車道、新「道の駅」構想、米沢栄養大学の開学など、刻々と変わる地域の環境に合わせた地域振興策に会員の事業経営環境改善の視点で取り組みます。

 中心市街地活性化、学園都市推進(周辺環境整備推進含む)、

 山形大学・米沢栄養大学・米沢女子短期大学との事業連携、

 東北中央自動車道建設促進、観光振興(山形DC含む)、

 新産業創出(自動車関連、有機EL、新素材等)など

 

 

3.会員の声を集約した意見・要望活動

 活発な部会活動を中心に会員事業所の声を集約し、経営に直接関連する施策提言ならびに要望活動を展開してまいります。

 税制改正、中小企業振興、景気浮揚、官公需の地元発注、

 工業技術センター置賜試験場新設移転、雇用対策など

 

 

 

Ⅱ. 分野別主要施策

(注: 下線は新規または改編)

 Ⅰ.商工業振興事業

  1. 経営革新・創業支援・製品の高付加価値化推進・事業承継・農商工連携・地域資源開発・地域特産品のブランド化・知財など、中小企業の経営力向上支援事業(専門指導員との連携・国県の創業支援策の活用・中小企業経営力強化支援法による支援等)
  2. 「中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業」による専門家との連携のもと、経営・起業に関する支援・相談と、中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト「ミラサポ」活用による支援などを展開
  3. 「米沢新産業創出協議会」における自動車産業・有機エレクトロニクス・新素材・新エネルギー・六次産業などの各分野での新産業創出・海外展開
  4. 商業サービス業活性化対策(プリカの継続発行による地域内経済循環の強化)(福島商工会議所卸売・小売部会との交流)
  5. 企業における環境問題への取り組みや新規事業機会の創出、高コストの是正等を旨とする創造的産業育成事業の継続推進(米沢産業育成運営委員会事業)
  6. 実践型地域雇用創造推進事業による新商品開発・ビジネス機会創出の支援や地域特産品ブランド化推進や地域産品振興活性化フォローアップ
  7. 「地域の食の発信」と「食の安全・安心」による食関連産業の振興

 

Ⅱ.観光振興事業

  1. 米沢四季のまつり等各種イベントの開催協力と積極的なPR、ホスピタリティの発揮等を通じた観光客の誘客促進
  2. 米沢コンベンション協議会を中核として、各種大会や学会等の誘致・受け入れ、開催支援等を行ない、地域経済の活性化を図る
  3. 山形デスティネーションキャンペーン(6/14~9/13)への参画・協力(関係会員事業所との協働)
  4. 新道の駅設置計画への参画・協力
  5. 姉妹・友好商工会議所等関係都市との交流促進
  6. 東北まつりネットワークへの参画等による広域観光連携
  7. 観光資源の発掘と開発、ならびに地域資源の複合的活用による観光振興
  8. 観光付加価値としてのライトアップ事業や、景観形成事業への取り組み(黒塀普及・武者道整備との連動など)
  9. 観光産業の基盤となる人材育成や啓蒙・啓発を目的とした米沢観光文化検定の継続実施と人材の活用

 

Ⅲ.地域振興事業

  1. 中心市街地活性化の推進(商業サービス業の活性化)と中心市街地活性化協議会の運営
  2. 置賜地区商工団体協議会、福島・相馬・米沢地域経済開発懇談会、置賜・会津地域広域交流協議会等による広域連携の積極的推進
  3. 福島・仙台・会津若松・喜多方・埼玉・魚津等との産業経済連携・交流の推進および東日本大震災被災地商工会議所との交流・支援
  4. 学園都市推進協議会を通じた国立大学法人山形大学工学部ならびに公立大学法人山形県立米沢栄養大学ならびに米沢女子短期大学への支援協力(山形大学工学部との連携協定に基づく実質的な産学連携の推進・新たに開学した米沢栄養大学への支援協力
  5. 東北中央自動車道の建設促進ならびに高速道路による地域経済活性化
  6. 米沢オフィスアルカディアおよび工業団地への企業誘致促進と、有機江エレクトロニクスイノベーションセンター・蓄電デバイスセンターへの協力
  7. キャロライン・ケネディ駐日米国大使の招聘並びに歓迎事業の実施検討
  8. 置賜広域観光案内センター「ASK」ならびに自転車駐輪場、駅前広場の管理・運営(関係会員事業所との連携・協力)
  9. 地域情報ポータルサイト(当所HP、い~よねなど)の充実・有益化

 

 

Ⅳ.人材育成・労務対策事業

  1. 地域中小企業人材確保・定着支援事業の展開による地域中小企業と大学・大学生等との関係構築、新卒者のマッチング、人材育成・定着等地域雇用安定の推進
  2. 実践型地域雇用創造推進事業(通称:パッケージ事業)の展開による地域経済の活性化(地域特産品のブランド化推進・新産業創出・まちなか賑わい再生・観光産業の活性化)と雇用機会の創出
  3. 広域的人材養成等支援事業や鉛フリーはんだ付技術認証制度(継続)等による地域製造業の中核を担う人材育成の推進(生産革新・品質管理講座等)(米沢新産業創出協議会との連動)
  4. 経営革新塾や創業塾の継続開催による起業・創業意欲の喚起とその支援
  5. 各種検定試験(簿記・珠算・販売士・福祉住環境コーディネーター・PC等)の継続実施と夜間簿記講座の継続開催等による商工技術の普及促進
  6. 雇用安定対策の強化(ジョブ・カードシステムの継続実施)

 

 

Ⅴ.会員交流・組織強化事業

  1. 会員増強活動や会員事業所巡回などによる組織強化
  2. 他団体等との連携・協力体制の構築による組織活動活性化
  3. 「会員のつどい」等の機会提供による会員相互の交流や会員と商工会議所との結び付き強化
  4. 部会総会、部会常任委員会の開催や、部会事業の展開などによる部会活動のさらなる活性化
  5. 青年部・女性会活動の継続的活性化
  6. 所報「レインボー」や「議員ダイジェスト」の継続発行や、HPでの情報提供、会員情報システムの構築、市民向けの事業PR「レインボー市民版」の発行等、広報活動の強化による商工会議所の利活用アップ
  7. 共済事業や優良商工従業員表彰、健康増進事業等による会員事業所福利厚生の充実(「会員感謝デー」:会員のつどいと優良商工従業員表彰の同日開催3回目の充実化)
  8. 会員事業所とのより密接な関係構築のためのデータベース整備・新共通システム導入とその活用

 

 

Ⅵ.提言・要望・調査活動

  1. 税制改正、中小企業振興、景気浮揚、官公需の地元発注、工業技術センター置賜試験場の新設移転、雇用対策等、会員事業所の経営に直接関連する施策提言ならびに要望活動
  2. 高速交通網、コンベンション施設、新公共交通システム(デマンド交通)、情報通信網等公共インフラの整備促進に関する提案・要望
  3. 各種提言活動をバックアップする調査事業
  4. 社会貢献事業の実施と支援(米沢南陽道路法面清掃・松が岬公園清掃・桜植樹&清掃事業等)
  5. 環境問題への取り組み(低炭素社会・小学生への環境啓発事業・ポストマイバッグ事業等)